竹添邸
★公開武家屋敷(有料) 竹添邸
邸内公開武家屋敷です。竹添氏は肥後人吉城主相良氏の一族です。相良氏と島津氏の戦いがあり和睦となった後、島津氏に仕え大口に移住しました。その後米ノ津で郷の政務に携わり、1637年麓に移り、代々郷士年寄噯(あつかい)などの重職を勤めてきました。(140~170石)広い竪馬場通りに面し、地頭の役所であり、藩主の宿泊所でもある御仮屋(現在の出水小学校)に近い位置にあります。ここは幕末の大火で消失してしまいましたので、幕末~明治期に建て替えられました。現在は瓦屋根となっていますが、江戸時代の武家屋敷は茅葺の屋根でした。出水市が買い取ったあと、改修して平成8年から一般公開されました。庭にある馬小や風呂、蔵などはこの時再現されたものです。
武家門 
広間(囲炉裏の間)
なかえ(台所)
仏間 ※1
馬小屋
湯屋
奥座敷
次の間
座敷 ※2 壁はベンガラ
※3 自顕流鍛錬横木
炊事場
落雁の木型
   
太刀洗い
小松帯刀 シラス像
※1 ここは仏間となっていますが、仏壇はなく、代わりに神棚があります。明治初期、鹿児島でも廃仏毀釈があり、仏壇を撤去して神棚を作ったと思われます。。 ※2 ベンガラは「弁柄」あるいは「紅殻」とも表記されますが、酸化第二鉄を主成分とした赤色顔料のことで、その発祥はインドのベンガル地方といわれ、それにちなんで「ベンガラ」と呼ばれるようになったと言われています。国産のベンガラが広まるまでは主に中国から輸入され、建築木材の塗料に使われていました。昔は天然に産する赤鉄鉱(赤石 日本では青森などで産出)が使われていましたが、現在市販されているベンガラ・弁柄は合成された工業用ベンガラです。
※3 薩摩独特の流派で、一撃で相手の受けた太刀ごとたたき切るという剣法で、薬丸自顕流と薩摩示現流があります。木の棒で横木をひたすら打ち込む鍛錬のためのものです。