特定非営利活動法人 出水麓街なみ保存会
NPO Izumi-fumoto Preservation meeting of streets
保存会の発足と構成
昭和51年10月、武家屋敷の所有者で構成された「出水麓武家屋敷保存会」が組織され、その後、平成7年12月26日、国の「重要伝統的建造物群保存地区」に選定されたこと受け、平成10年4月12日より組織・名称も改編し、「出水麓街なみ保存会」として発足しました。出水麓地区5集落の約200戸の会員で構成され、下記のような活動を通して出水の歴史・文化を広く全国に情報発信をしています。平成27年8月からはNPO法人として再スタートとして活動しています。
保存会の活動
平成21年4月1日より、指定管理者制度の導入にともない、公開武家屋敷「竹添邸」「武宮邸」の維持管理を担うようになりました。その後「税所邸」が公開されて、3軒の武家屋敷の管理を行っています。自主活動としては地域の歴史を学ぶ麓の歴史講座(年1回)、研修旅行、全国街並みゼミや九州町並みゼミへの積極的な参加、麓まつりの開催など、街の活性化のため、活動を行っています。また市役所や他の団体と連携し、出水麓の観光事業のための催し・会議などに積極的に参加しています。
トピック
平成21年に出水麓地区は、国土交通省の都市景観大賞「美しいまちなみ優秀賞」を受賞し、また大河ドラマ「篤姫」のロケ地としても使われたことで、さらに注目を集めています。 平成30年6月には出水観光牛車会とともに鹿児島県観光連盟より表彰されました。また令和元年5月は鹿児島県からも表彰を受けました。今後も出水麓武家屋敷にたくさんのお客様が来ていただけるよう努めていきます。
令和元年5月20日には、出水、知覧、入来などの9つの麓と鹿児島市を加えた10市で日本遺産に認定されました。日本遺産に認定されたことにより、補助金も交付されますので、出水麓武家屋敷群でも情報発信を積極的に進めるなどの新たな取り組みを行っていきます。