税所邸
★公開武家屋敷(有料) 税所邸
邸内公開武家屋敷です。税所家は関ケ原の役前年、加世田から移住を命ぜられ、代々「上級郷士噯(あつかい)」などの出水郷の要職を務めました。雨天時の弓の練習場所や、隠れ部屋、抜け道など当時を偲ばせるものが残されています。建物の建築は出水麓では最古といわれています。(250年以上?)市が買い取ったあと、かなり老朽化していたため数千万かけて大改修を行い4年後の平成23年から一般公開されました。上座敷では着物を着てお茶体験などのイベントや、結婚式の前撮りなどにもよく使われ、出水麓を代表する武家屋敷でもあります。 武家門の後ろと庭には丸く刈り込まれた特徴的な紅葉があり秋は真っ赤に色づきます。
税所邸見取り図
税所邸 見どころ紹介
武家門の紅葉
弓の練習場
玄関の槍
奥座敷
隠れ部屋
炊事場
上座敷
大広間(囲炉裏の間)
庭の紅葉の下で
むらさき堂