★認定記念として、5月21日から7月14日まで、武家屋敷と出水麓歴史館の入館は無料となります。
☆これからの武家屋敷でのイベント予定
Event plan in the samurai residence
☆甲冑や着物など武家屋敷での体験
Experience in the samurai residence
★国の重要伝統的建造物群保存地区 出水麓武家屋敷群

National Inportant Traditional Building Preservation Area
Izumi-Fumoto Samurai Residences
旧薩摩藩は、鹿児島市の鶴丸城を本城として、各地に100以上の外城(とじょう)を作りました。外城とは郷士(半農半士)の住宅と陣地を兼ねた もので麓と呼ばれていました。出水は肥後との国境に位置し重要な地域だったため、1600年頃から30年の歳月をかけて薩摩藩最大(60ha)の武家 屋敷群が造られました。(国の重要伝統的建造物群保存地区指定は44ha)江戸時代の佇まいが今も残る武家屋敷群の街並みをお楽しみ下さい。
Edo-period Satsuma Domain had set up so-called “outer towns” throughout the governing territory. About a handred of these were then called “fumoto”. Izumi Fumoto is said to have been the very first and the largest one.
☆公開武家屋敷と入館証
☆有料公開武家屋敷 竹添邸 税所邸
☆無料公開 武宮邸 宮路邸(庭のみ) 
三原邸(土日祭日は邸内公開)
◇年中無休 9:00~17:00 16:30までに入館して下さい

◇共通入館証(缶バッジ)必要
高校生以上500円 
小中学生300円
小学生以下無料
3館共通 記載されている年度内は何回でも使用可能
(出水麓歴史館 竹添邸 税所邸)各館で販売しています

FAX 竹添邸 0966-62-5505 
     税所邸0996-63-6142
武家屋敷トピックス
 5月20日 出水麓含む10市が日本遺産に認定される。
 8月13日~8月14日 17:00~21:00 竹添邸 お盆夕涼み会