特攻碑公園 
  出水には戦争中、海軍航空隊の訓練基地がありました。終戦まじかの昭和19年からは実戦基地になり、知覧などの基地と同じように、ここから260名を超える特攻隊員が飛び立っていき、南の空に散ることになりました。現在は基地の一部は特攻碑公園として整備され、たくさんの桜が植えられていて、出水の桜の名所の一つとなっています。
特攻碑公園前の桜並木
戦時中の出水基地の配置図(現在の地図と重ねて表示)
地下壕入り口
雲の墓標記念碑
特攻隊員像
海中にあった戦闘機エンジン